陰茎増大の痛みについての疑問を解消!

陰茎増大の痛みについての疑問を解消!

ペニスを大きくするために陰茎増大術を検討している方は多いですが、痛みが不安で決断できないという話が聞かれています。痛みさえなければ陰茎増大術を受けたいという方は多いのです。ここでは陰茎増大術の痛みの程度、大まかな施術時間、包茎手術と併用するケースなどについて説明しています。陰茎増大により解決できる悩みは多く、幅広い年齢層の男性が活用しています。

ペニスの悩みを改善するためには、男性自身が陰茎増大施術を決意することが重要です。人よりも早く行動した人が、早くコンプレックスを解消して快適な性生活を楽しんでいます。

陰茎増大術の痛みが弱い理由とは

陰茎増大術を受ければ陰茎の太さが2割ほどアップするため、見た目は見違えるように変わります。亀頭に薬剤を注入する方法になりますので、気軽に受けられるのが魅力です。コラーゲンやヒアルロン酸を注入する方法が一般的であり、特によく使用されるのはコラーゲンです。

注射をするので多少の痛みは伴いますが、一般的に極細針で注入するので想像していたより痛みが弱かったという声が目立ちます。注射の痛みを抑えるためにはテープ麻酔がよく使用されており、これによりほぼ無痛の陰茎増大術が可能になります。

痛みが弱いということは、ダウンタイムや副作用も弱いと考えてください。注入する方法による陰茎増大術ならば即日で終了するので通院する必要はなく、その日からシャワーができます。陰茎増大術は若者がよく受けているイメージがあるかもしれませんが、意外にも中高年世代で受ける方が多いです。

かつては30代で受ける方が大勢いましたが、近年は40代以降の方が増えてきています。60代以上で陰茎増大術を希望する男性も多く、男性は何歳になっても現役を目指していることがわかります。充実した性生活の実現のためには、十分なペニスのサイズと勃起力が必要になるわけです。

施術時間は10分程度のため身体への負担は少ない

陰茎増大術を受けられるのはメンズ専門のクリニックであり、形成外科や泌尿器科・皮膚科の分類になります。注射は麻酔効果が十分に発揮されてから行いますので、痛みはほとんど感じないでしょう。痛い施術だと身構えて治療を受けると、本当に痛いと感じてしまう場合があります。

思い込みのパワーはよくも悪くも精神に大きく作用しますので、痛みは極めて弱いものだと認識して受けてください。注入にかかる時間は10分程度であり、気が付いたら終わっていたという方が多いです。施術の効果を引き出すためには医師の腕と適切な注入量がポイントになります。

痛みを少しでも抑えるには、無痛治療を宣言しているクリニックを利用するのが得策です。麻酔注射の技術で痛みは左右されますので、腕のよい医師がいるクリニックで施術を受けてください。包茎手術の場合は切る方法が一般的であり、静脈麻酔やマスク麻酔などが利用されています。

一方で陰茎増大術に関しては注入系がメインであり、こちらは局部麻酔での施術が可能です。局部麻酔は2時間程度で終了する施術に用いられており、陰茎増大術の麻酔方法として適しています。静脈麻酔のように眠るという効果はありませんが、注射だけのため緊張感はあまり感じないはずです。

包茎手術と同時に行われるケースもある

包茎と陰茎増大術は並行されることがあり、包茎・短小を同時解消できます。陰茎増大術は注射器で薬剤を注入する方法になりますが、包茎手術は切除術が必要になります。そのため静脈麻酔をしてから処置することが多く、眠っている間に終了するので痛みを感じる心配はありません。

陰茎という部位は全身の中で特に敏感ではありますが、麻酔を使えば痛みを感じない程度まで鈍感にできるので安心です。痛みをまったく感じることなく、いつの間にか手術が終わっていたという男性は多いです。

昔の陰茎増大術は痛みがありましたが、施術は常に進化しています。注射による方法を例にしても、痛みを感じにくい注射器が導入されるなど、患者さんへの負担は軽減されているのです。手術後の痛みに関しては内服薬でコントロールしていくのが一般的です。

この薬は非常によく効きますので、痛みの心配はほとんどないと考えてください。陰茎増大が実現すると亀頭が一回り以上大きくなり、また包皮が被りにくくなるメリットもあります。陰茎増大術は身体への負担が軽く、痛みに弱い方に関しては術後麻酔を使用するなどして対策をします。陰茎増大術を受ける方は、クリニックが導入する麻酔方法をよく調べておいてください。

まとめ

陰茎が小さくて悩んでいる男性には陰茎増大術の利用をおすすめします。施術・麻酔方法の進歩によって、かつてよりも痛みは格段に弱くなりました。現在は注射で液剤注入をする方法が一般的であり、包茎手術と比べても身体に優しいです。

ほとんど無痛で受けられますし、施術にかかる時間は10分くらいと短いです。包茎の悩みも抱えている方は、2つの施術を同時に行うというケースもあります。切除を伴うような場合は静脈麻酔を使用するのが普通で、眠っている間に施術が終わります。陰茎増大術だけならば局部麻酔だけで対応できることが多いです。